FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
今シーズン2回目となったCooXCプロジェクト。今回も素晴らしいコンディションとなりました。

上空の弱い寒気が残った絶好のサーマルコンディションに加え、宇都宮方向からの淀んだ風は、筑波エリア特有のコンバージェンスラインを作り出します。

積雲2

午前中は、南北のシアーラインが筑波エリア周辺に。そして午後は東西のシアーラインが高峰から茂木まちに形成されました。

ガーグル

今日の狙いは、テイクオフから北東に40kmの久慈川ゴールのアウトアンドリターンです。予想されるコンバージェンスラインを駆使すれば、達成できそうです。

積雲
船津

エリア周辺はサーマルトップ1800mとコンディションは整いました。いよいよスタート!今日も地元正木選手が宇都宮の朋ちゃんと共に先頭集団を引っ張ります。雲に沿って高峰手前からゴールへ直線的なコースを狙います。

吉川朋子さん

セカンドグループは、浜名湖PGSの青木校長と動きます。シンガリは宮田がサポート!まずは高峰へGo!

高峰
成瀬


先頭集団は、先を急ぎすぎたか、特攻隊長の朋ちゃんはゴール手前9kmで撃沈。そして、正木さんはセカンドグループと合流すべく、向かい風を戻ります。

クラウドベース


後続グループは高峰エリアで数人がランディングしますが、12名が2000mのクラウドベースをゲット!さらに北上します。イチゴはぶたいで有名な和菓子「飯村」上空で、北西風が侵入。ビックコンバージェンスとなりますが、北上を阻まれます。

みどり
北島


リスクはありませんでしたが、無理にゴールを目指さず、安全に野外ランディングできるスペースがあるところで今日は終了。初めての筑波XCにしてはみなさん上出来!普段感じることができないコンバージェンスリフトを満喫できましたね。

shuugou.jpg

平野部でのXCフライトは如何にこのコンバージェンスを読むかがポイントです。初日は良い練習となりました。
スポンサーサイト
2014.03.15 Sat l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。